FDA承認が失効した「ザンドロックス」の効果と副作用は?

274
ザンドロックスは、米国ザンドロックス社が発売していた育毛剤です。
国内で販売されている「リゲイン」シリーズと同じように、ミノキシジルを主成分としている育毛剤になります。

注目すべきは、他のミノキシジル含有の育毛剤と比べて、含有量が非常に多いのが特徴です。
65mlで5%、30ml/125mlで12.5%、更には15%のものがありました。

2011年、米FDA(食品医薬品局)の承認失効

275
アメリカFDA(食品医薬品局)は、日本の厚生労働省に相当する機関で食品や医薬品について、許可や違反品の取締りなどを行っている機関です。
米国内で薬品や健康食品に相当するものは、この機関から承認を得なければなりません。

ザンドロックスは、2011年ごろにFDAの承認が失効してしまい、2012年前半頃には販売が停止になってしまいました。

当時、最大で15%のミノキシジルを含有した強力な育毛剤として人気があったようです。

主な成分であるミノキシジルは、もともと高血圧症を治療するための血管拡張剤として開発された経緯があり、その副作用として発毛作用が見出されたもの。

ザンドロックスについては、通常のミノキシジル系育毛剤が苦手としている額の生え際にも効果を発揮するとされていました。

ただし、その副作用はミノキシジルの濃度の高さから、一般的なミノキシジルを用いた育毛剤よりも、より強烈だったと考えられます。
主なものとして、頭皮のかゆみ、動悸・息切れ、頭皮のみならず全身の多毛症、重度の低血圧などが起こりえるでしょう。

また、ザンドロックスにはミノキシジル以外にも幾つかの成分が含まれており、それらの兼ね合いからFDAの承認を得られなったとする説もあります。

代替製品が存在するも同様の危険性が

276
現在、ザンドロックスは個人輸入代行などでも取り扱いがないところを鑑みるに、何らかの安全性が確認されておらず、厚生労働省などによる輸入規制がしかれている可能性もあり、使用は危険と考えていいでしょう。

通信販売などで売られている場合は、過去の在庫が残ったものである可能性があり、現在は全面的に取り扱いが終息していることから、思わぬ副作用もあるかも知れません。

このザンドロックスの代替製品と目されているものとして、ポラリスNR-10という製品があります。
こちらのミノキシジル濃度は16%に達し、さらにフィナステリドを含んでおりザンドロックスよりも、一歩踏み込んだ配合内容となっているのが特徴です。

 
そのためザンドロックスよりも、副作用発生の可能性が高くなっており安易に使用するのはお勧めできません。
安全性を考慮するのであれば、副作用の心配がいらない育毛剤『チャップアップ』を利用してみてはいかがでしょうか?
全44種類の成分が配合されていますが、頭皮に悪影響な添加物や香料などは入っていないのが特徴です。

利用者の97%が満足と回答しているのもポイントで、信頼のおける育毛剤ですので、薄毛でお困りの方は使用することをオススメします。

④副作用LP