強烈な発毛剤「ヘアゲイン」がもたらすデメリット

267
発毛効果を謳う、海外製品「ヘアゲイン」は現在個人輸入代行業者を通して海外から入手できます。

主な成分に、日本国内でのAGA 治療に用いられるフィナステリドと、国内では薬局で販売されているリアップシリーズの有効成分であるミノキシジルを両方配合した発毛剤とされており、その強力と見られる効果からにわかに注目が集まった製品です。

しかし、海外製品であり国内でのサポートが得られませんし、医薬品に含まれる強烈な成分から副作用を起こすこともあります。
今回は、ヘアゲインを用いた際に起こりうるデメリットをご紹介しましょう。

フィナステリド、ミノキシジル……元々は?

268
 
ヘアゲインの有効成分は、フィナステリドミノキシジルの二つになります。

この内、ミノキシジルは開発段階では高血圧症の治療のため、血管拡張剤としての適用が期待されていました。

しかし、試験段階でミノキシジルを投与した患者に発毛の「症状」が見られたことで、研究の方向性が変わったのです。

1980年代にミノキシジルを含む『ロゲイン』という製品が登場、日本では1999年に大正製薬から『リアップ』シリーズが発売されるに至りました。

ヘアゲインのもう一つの有効成分である、フィナステリドも本来は前立腺肥大や前立腺ガン患者の治療薬として用いられてきました。

こちらも試験段階で、フィナステリドを投与した患者から発毛の症状が見られたため、方針を転換。研究の結果、男性型脱毛症(AGA)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する働きがあることが分かりました。

フィナステリドは成分名であり、日本ではこのフィナステリドを用いたAGA治療薬として『プロペシア』が一般的に知られています。

このように、ヘアゲインは発毛効果の高いミノキシジルと脱毛予防効果の高いフィナステリドを組み合わせることで高い発毛率を実現すると謳っています。

しかし、この二つはその性質上、高い確率でデメリット症状が出ることが知られ、安易な使用は返って良くないといわれているのです。

同時に猛威を振るうデメリット症状

269
 
ミノキシジル、フィナステリドは発毛効果がある程度認められている薬剤ですが、その一方で強烈な副作用も報告されています。

ヘアゲインにはこの二種類の成分が配合されているため、両方の副作用が出かねない点がまず第一のデメリットとなります。

ミノキシジルの副作用として、頭皮の痒み、かぶれ、湿疹、顔のほてりなどがあり、ミノキシジルの濃度が高くなるほど副作用の発現率も高くなります。

また、高血圧症の治療薬として開発された経緯から、既往症のある方、病気治療中の方は、ミノキシジルが配合されたこの製品を使うことによって、病気が悪化する可能性があり危険です。

これはフィナステリドにも同じことがいえます。
この成分はAGA(男性型脱毛症)に有効ですが、一方で男性機能の減退、重い倦怠感、嘔吐や肝機能不全などの副作用が現れることがあり、これら強烈な副作用が効果を上回る可能性は常にあります。

育毛剤は、安全なものを選びましょう

270
このように「ヘアゲイン」は、強力な作用を期待されている一方、強烈な副作用によって使用者に返って悪影響を及ぼしかねない要素が多々あります。

また、海外から個人輸入せざるを得ない状況であり、使用中の製品サポートが得られないという点が、無視できないデメリットとして存在するのです。

育毛剤は、安全性が第一に考えられるべきで、その点から考えればチャップアップほど安全かつ、効果が上がるものはないでしょう。

無添加・無香料といった点が一つ、天然由来の32種類の有効成分が、髪と頭皮の状態を改善し安全に、確実に育毛効果を得ることができるでしょう。

さらに、チャップアップは、電話とメールでのサポート体制が完備されています。
使用前、使用中のサポートが得られるのは大きな安心感にも繋がりますね。


④副作用LP