プロペシアを使用する前に「副作用」を確認!

241

プロペシアをご存知でしょうか。
薄毛に悩む方であれば、聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これはAGA(薄毛)の治療薬として使われている薬です。

市販されている育毛剤とは違い、病院で処方箋をもらい薬局で処方される
薬です。

当然市販のものよりも、効果は期待でき、多くの方が利用している薬です。
しかし、このプロペシアは副作用があることでも知られています。

プロペシアの副作用とは…

プロペシアの副作用として、あげられる症状としては以下のようなものがあります。

■精力低下&精子減少

242

そもそも性欲が湧いてこなくなるという症状が副作用として報告
されています。

他にも精子が減少してしまうという報告もあるので、性欲が湧かずセックスの回数が減ってしまっている中でさらに精子の減少を引き起こしているのです。
そういった経緯から子供ができにくくなると言われています。

もともとプロペシアはAGAの薬ではなく、前立腺肥大症の薬として作られたという経緯から、性器に何かしらの影響を及ぼすと考えられているようです。
そのため、子作りを考えている方は服用をひかけた方が良いでしょう。

■肝機能障害
プロペシアは肝機能へ影響を及ぼすことがあります。
中には、重篤が副作用を及ぼした例も報告されているので、定期的に肝機能の検査を受けるなどの予防は必要でしょう。

肝機能はもともと体に入ってきたものを代謝させ、分解、解毒などをしてくれる器官で、薬の影響を受けやすい場所なのです。
そのためもともと肝機能に問題がある方、不安がある人は服用しないことをお勧めします。

■うつ
プロペシアを服用している人の中には、うつ状態になってしまう人がいることも報告されています。
プロペシアを服用することでホルモンバランスが崩れ、自律神経に影響を与えてしまうことがあります。

治療をしているという時点で、AGAという悩みがあると思います。そういった点で余計にうつ状態に陥ってしまう人がいると考えられます。
より悩みが多く、精神的に不安になってしまうような人は、うつ状態になる可能性がより高くなっていきますので、服用自体注意してください。

■肥満

243

プロペシアを服用すると、男性ホルモンが減少していくと言われています。
中には女性化の副作用があるという人もいるくらいです。

男性ホルモンが減少すると、それまでと同じ分量を飲み食いしていても、筋肉ではなく脂肪として身体に蓄積されてしまいます。
プロペシアを飲み始めて太り始めたという人は、要注意です。

この他にも、プロペシアの副作用として癌やだるさ、発疹などがあげられて
いるようです。

もちろん、これらの副作用は服用したすべての人におこるものではありません。
しかし育毛で体にリスクは負いたくないですよね。チャップアップなら、体に悪影響を与える心配がありません。

また、30日で効果が得られなければ全額返金保証もついているため安心です。
ぜひ、プロペシアを使用する前にチャップアップをご利用ください。


④副作用LP