体が毛むくじゃらに!?注意したいミノタブの副作用

237
 
薄毛治療の育毛剤として大人気の「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」。
効果が強く薄毛に悩む方にとっては心強い薬となる訳ですが、その分副作用
というリスクも付き纏ってきます。
そこでミノタブが及ぼす副作用の脅威についてご紹介していきます。

ミノタブとは?

238
「ミノタブ」とはミノキシジルタブレットの愛称です。
ミノキシジルは育毛に強い効果を持つ成分であり、ミノキシジルを利用した
育毛剤は直接頭皮に塗るタイプと、錠剤(タブレッド)状で飲み薬タイプの
大きく2タイプがあります。

ミノタブはこの飲み薬タイプのミノキシジル育毛剤です。
もともとミノキシジルは飲み薬として開発された経緯を持つため、ミノタブの方が塗り薬タイプの育毛剤より強い発毛効果が期待できます。

ただし飲み薬となるため体全身にその成分が浸透し易く、その分副作用も起き易いというリスクを持っています。

体が毛むくじゃらに

239
最近にニュースなどでも話題になっているのが、ミノタブで体が毛むくじゃらになってしまうという事例。

ミノタブを利用する事で髪の毛は生えてきたものの、それに加えて額周りまで毛が生えてきてしまったり、手・肩など全身の毛まで伸びてしまい、体全体が毛むくじゃらになってしまったというニュースが後を絶ちません。

ミノタブの効果は体全体に行き渡ってしまうため、時として体全体の体毛を
必要以上に伸ばす、増やす、濃くする副作用が起きる場合があります。

こういった副作用は健康を直接害する訳ではありませんが、人によっては見栄えが悪くなる事もありますのでもともと体毛が多い濃い方などは特に注意したい副作用と言えるでしょう。

その他の副作用

ミノタブにはその他にも副作用があります。
まずは低血圧となること。

ミノキシジルはもともと高血圧の予防剤として開発され、血管を拡張する効果があるので、血圧低下を及ぼす場合があります。
普段から低血圧な方は注意したい部分です。

他にも代表的な副作用として「ニキビ・肌荒れ」、「頭痛や発熱」、「性欲減退」、「ぬくみや体重増加」などが挙げられます。

この様な激しい副作用は、ミノタブに限らず全てのミノキシジル育毛剤に言える事ではありますが、ミノタブは作用が強い分特にこういった副作用も強くなるのです。

使い方に注意

240
ミノキシジル錠剤で必ずこういった副作用が出ると言う訳ではないものの、
やはり育毛効果が強い分その可能性は高いと言えるでしょう。

効果の強い海外のミノタブ製剤を使用したり、必要以上に多用したりすると
更に副作用のリスクは高まってきます。

ミノキシジル製剤の中でも、特に使い方に注意する必要がある製品と
言えます。

この様にミノタブには副作用というリスクが強く付き纏います。
薄毛がなかなか改善しないという方には育毛効果の高いミノタブは一つの選択肢かもしれませんが、
やはり身体あってこそ。
使用する場合は、副作用の部分も十分考慮した上での利用をおすすめします。

ミノキシジルタブレットよりも、安全な製品というものが存在します。
しかも、ミノキシジル錠と違い育毛・発毛に優れた安全な有効成分は32種類。
無添加・無香料、かつ日本臨床医学発毛協会会長が推薦するチャップアップ育毛剤は、副作用の心配がありません。

ミノキシジルと言う劇薬に手を出す前に、もっと安全な育毛手段であるチャップアップという選択肢があることを覚えておいてください。

④副作用LP