【都市伝説】薄毛に効くおまじない、その真意は?

【都市伝説】薄毛に効くおまじない、その真意は?

髪が薄くなっていくのは、多くの人にとって大きな悩み。
しっかりと対策をしていても薄毛が止まらないと苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

髪が薄くなってしまう原因というのはさまざまで、なかなか特定できるものではありません。
遺伝によるものや頭皮のダメージ、男性ホルモンの影響、生活習慣の乱れ、ストレスなどさまざまな要因が考えられます。

そんな悩み多き男性に向けて、世でまことしやかにささやかれている「薄毛に効くおまじない」や「ハゲを止めるおまじない」を検証してみました。

(1)薄毛を止めるおまじない

まずは、鏡をじっと見つめて、両方の手で自分の髪を包み込むようにおさえましょう。
そして「私はハゲていない!」と呪文を3回唱えるのです。
これを毎日続ければ、自分はハゲていないという暗示が次第に体にかかってきます。
こういった体への暗示が抜け毛を止める効果につながる可能性はありますが、効果は定かではありません。

(2)薄毛への「声掛け」が効く?

髪を洗う時や、髪をとかす時など、抜け毛が気になることと思います。

そういう時は「いってらっしゃい、また帰ってこいよ」と声をかけるのが効果的というおまじないがあります。
抜け毛に対してストレスを感じるのは、髪や頭皮のためにもよくありません。

「いってらっしゃい」という優しい声かけには、気持ちを穏やかにする効果があります。
これによって、薄毛が軽減されたり、失った毛を取り戻せたりということがあるかもしれません。

(3)薄毛に効く神社があるって本当?

薄毛に効く神社があるって本当?

人間、どんなことでもやっぱり最後は神頼み。
多くの寺社仏閣がひしめく京都には実は、髪の悩みをカバーしてくれる神社もあるのです。

右京区の奥嵯峨にある御髪(みかみ)神社は、日本で唯一の「頭と髪のご利益」があるという神社。
理容・美容業界や、育毛・発毛専門企業からの信仰も篤いといいます。
薄毛の悩みを持つ人は、ぜひお詣りに出掛け、絵馬に悩みを書き綴って奉納し祈願してみましょう。

いかがでしたか?
髪の悩みを抱える人はとても多く、巷にもさまざまな薄毛に効くおまじないや言い伝えがあふれています。
本当に効果があるとは断言できませんが、さまざまなおまじないを試してみるのも悪くないのではないでしょうか。

ただし、おまじないが本質的な薄毛改善につながるかといえばやはり疑問は残ります。
本当に薄毛の改善を目指すなら、やはりチャップアップなど育毛剤を使った対策は欠かせないと言えるでしょう。

⑨薄毛進行