若い人に急増中? 若くして薄毛に悩む理由と対策法

若い人に急増中? 若くして薄毛に悩む理由と対策法

男性の薄毛に対するお悩みというと、一定以上の年齢の人をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
男性特有のAGAによる薄毛も、若くして発症する場合もありますが、30歳代から多くみられるようになるため、やはり一定以上の年齢になると薄毛になる可能性が高いと言えます。

しかし、その一方でひそかに増えているのが若い人の薄毛、いわゆる若ハゲです。
若いうちの薄毛は気にする人の比率がとても高く、とても深刻なのです。
では、あまり薄毛と縁遠いと思われる若い人に、薄毛の悩みを抱える人が増えているのはなぜなのでしょうか。

若い人に多い生活習慣の乱れ

現代人は、頻繁に生活習慣が乱れていると指摘されています。
この生活習慣の乱れというのは具体的にどういうことを指しているのでしょうか。
最も良くないと言われているのが偏食、つまり食生活の乱れです。
次いで睡眠不足と運動不足などが薄毛の原因として指摘されています。

この3つは、どの原因も薄毛に限ったことではないことが分かるでしょう。
若い人の薄毛の原因は俗に不健康とされている悪習慣ばかりです。
薄毛に限った話ではなく、生活習慣病の多くはこの3つが原因によって発症しますし、その他の病気についてもほとんどがこの3つがきっかけになることがおおいです。

つまり、生活習慣が乱れると体は不健康になり、不健康になると薄毛になるということが考えられます。
健康な髪は、健康な体にしか宿らないということです。

しかし、若いうちは不健康な生活をしていても、それを跳ね返すだけの体力があるため、悩まされるほどの症状があらわれないものです。
それでも若い人に薄毛に悩まされる人が増えているのは、生活習慣の乱れが若い体であっても耐えきれないほどのものになっていることが考えられます。

髪は発毛環境が整わなければ抜けていく

髪は発毛環境が整わなければ抜けていく

髪はいつまでも同じものが生えているわけではなく、常に生えては抜けるというサイクルを繰り返しています。
この働きのおかげで髪は常に新しい状態で維持されるわけですが、自然な脱毛の後で同じところに次の髪が生えてこなければ、やがて本数が減って薄毛になります。

これを防ぐには、発毛環境を整えなければなりません。
発毛環境は、先ほど解説した生活習慣の乱れを改善すれば自然に働く機能です。

特に若い人であれば本来の機能も強いはずなので、生活習慣の乱れを修正すれば、より高い発毛効果が期待できます。
体が本来持っている発毛力を回復してあげるれば良いのです。
また、その際に育毛剤や薬などを利用し回復をサポートするのも良いでしょう。

若い人は、情報技術が発達した現代社会において、多くの情報に触れているだけでなく、同じだけストレスを受けていると考えられます。
まずは、精神的にも身体的にもストレスを軽減させ、健康的な食事をし、夜は質の良い睡眠をとって回復に努めることが大切ですよ。
一刻も早く薄毛を改善したいという方は、生活習慣の改善に合わせて育毛剤を利用してみましょう。

⑨薄毛進行