薄毛隠しの決定版、シュットヘアの留意すべきリスク

薄毛隠しの決定版、シュットヘアの留意すべきリスク
薄毛でお悩みの方であれば、「シュットヘア」という商品をご存じではありませんか?
このシュットヘアとは、いわゆる育毛剤やカツラなどといった薄毛対策商品ではありません。

商品名の通り「シュッと」という感覚で髪が薄い部分に吹き付けて薄毛を目立たなくさせるという代物です。

この手の商品は以前からあったので、今さら珍しいものではありません。
しかしこの「シュッと」という感覚が受けてヒット商品となっています。

今回はそのシュットヘアのメリットやデメリットなどをまとめてみました。

分かりにくくするだけで根本対策ではない

薄毛が目立つのは、髪の下にある頭皮が見えてしまうからです。
それを見えなくする、もしくは目立たなくすることで薄毛対策にするというのが、このシュットヘアの考え方です。
シュットヘアはスプレー状の製品ですが、以前から粉を振りかける形で薄毛対策にするという製品もあります。

こうした薄毛対策製品のメリットは、手軽であることです。
お出かけ前など薄毛が目立って欲しくないと思っている時にササッと吹き付けることで目立たなくできるので一時しのぎにするには最適です。

しかし、あくまでも一時しのぎであることも忘れてはいけません。
薄毛になっているところに吹き付けて黒々としているからといってそれは髪が生えているわけでも、もしくはその代わりになるようなものがあるわけでもありません。
よく見ればすぐに分かってしまいますし、汗や雨水などによって流れてしまいます。

頭皮への影響を考えて適切な利用を

頭皮への影響を考えて適切な利用を

一時しのぎにしか過ぎないシュットヘアには、もうひとつ注意しておきたいことがあります。
それは、頭皮に塗料のようなものを吹き付けることによる頭皮への影響です。
頭皮も皮膚の一部なので当然、皮膚呼吸をしています。
シュットヘアのような化学物質を頭皮に吹き付けるということは、その部分の皮膚が呼吸するのを妨げることにもなりかねません。

つまり、薄毛を隠すために吹き付けたもののせいで、さらに薄毛が進行してしまうリスクがあるのです。

これはシュットヘアだけではなく、頭皮に吹き付けるあらゆるものに言えるリスクだと覚えておきましょう。
利用する場合はあくまでも一時しのぎであることを忘れず、長時間つけたままにしないなどの工夫が必要です。

また、根本的な解決をお望みならば育毛剤を使うことおオススメします。
とくにチャップアップのような、植物からとれる成分だけで作られた育毛剤が良いでしょう。髪は生えてくるし頭皮にも安全。

薄毛治療中の急なお出かけには「シュットヘア」、そして日ごろからは「チャップアップ」で、薄毛対策は決まりです。

⑦薄毛卒業LP