腎臓の働きを良くすると薄毛が改善されるのは本当か

腎臓の働きを良くすると薄毛が改善されるのは本当か

薄毛に関するお悩みは尽きませんが、その原因は実に多岐にわたっており、ひとつの原因を特定して解消するというのは難しいものです。
それだけ人間の体は1つにリンクしているということの表れで、その典型とも言えるのが薄毛と腎臓の関係です。

腎臓というと、血液をきれいにしてくれる臓器として知られていますが、それがなぜ薄毛と関係してくるのでしょうか。
「腎臓が弱ると薄毛になる」という説について、その根拠を考察します。

ドロドロ血液をサラサラにしてくれる腎臓

腎臓が血液中の不純物や不要なものを濾過してくれる臓器であることは、よく知られています。
健康な血液はサラサラと表現されることがありますが、そのサラサラの血液を作ってくれるのは腎臓です。
この機能が弱ると血液中の不純物が増えてしまい、いわゆるドロドロの血液になります。
血液がドロドロになると全身に栄養が行き渡りにくくなるため、さまざまな健康障害を引き起こします。

ドロドロの血液は、発毛にとっても良くはありません。
毛細血管を通じて栄養が届きにくくなります。
よって、腎臓の働きが弱くなることは薄毛にも繋がるのです。

血液がドロドロだと毛細血管にまで栄養が届かない

薄毛には頭頂部から始まりやすいという特性があります。
それは頭頂部が人体の中で最も高い位置にあるため、血流が悪くなりやすいからです。

そしていくら心臓が一生懸命働いてくれたとしても、肝心の血液がドロドロの状態では血液が頭頂部にまで届きません。
それにより、栄養不足によって毛根での発毛が抑制されてしまいます。
これが、腎臓の弱りによる薄毛のメカニズムです。

まずは睡眠、そしてサプリメントで腎臓に優しい生活習慣

まずは睡眠、そしてサプリメントで腎臓に優しい生活習慣

こうした腎臓の弱りによる薄毛を食い止めて発毛を促進させるには、腎臓に元気になってもらう必要があります。

腎臓の機能は生活習慣の影響をもろに受けるので、まずは食生活や睡眠などの生活習慣を改善することが重要です。

また最近ではノコギリヤシなど腎臓の働きを助けてくれるサプリメントも多数売られています。

こうしたサプリメントで効率良く栄養補給をして腎臓に優しくしてあげるのもひとつの方法です。
ちなみにノコギリヤシはチャップアップの成分の1つでもあるのでオススメです。

ただし、その前に十分な睡眠時間を確保しましょう。睡眠は内臓の働きに重要な意味を持っています。
まずは規則正しく寝るということを心がけるようにしましょう。

⑨薄毛進行