頭頂部から始まる女性の薄毛には3つの原因があった

頭頂部から始まる女性の薄毛には3つの原因があった

薄毛というと男性のお悩みというイメージが強いのですが、男性の中にはそんなことを全く気にしない人もいます。
その一方であまり注目されませんが、女性にとっても薄毛はお悩みのひとつです。
しかも女性の場合は薄毛を気にしないというわけにいかず、実は男性よりよりも話は深刻なのです。

女性の薄毛は頭頂部、いわゆる「つむじ」から進みやすいと言われています。
その原因やメカニズム、そして考えられる対策について挙げてみたいと思います。

女性も男性も薄毛は頭頂部から始まりやすい

性別に関係なく、薄毛は頭頂部から始まりやすいという特徴があります。
理由は頭頂部に近づくほど栄養が行きわたりにくいからです。

人間の体内には血液が流れていて、そこから栄養素が全身に運ばれる仕組みになっています。
その血流を作るために働いているのが心臓で、やはり頭頂部や指の先端など心臓から遠いところは血行が悪くなりがちです。
特に頭頂部は人体の中で最も高い位置にあるので、地球の引力の影響もあり血流が届きにくいのです。

つまり、女性の薄毛が頭頂部から始まるのは血流が原因ということになります。

薄毛が進行する3大理由

頭頂部に血流が行き届かないと薄毛が進行します。では、血流が悪くなる原因は何なのでしょうか。

女性が血行不良になり頭頂部が薄毛になる理由は、大きく分類すると以下の3つに集約されます。

1:頭皮の炎症

頭皮は皮膚の一部でありながら、本来は頭髪に守られている皮膚なのでとてもデリケートです。
そのためちょっとした理由で炎症を起こしやすく、炎症を起こしている部分の血流が悪くなって脱毛の原因になります。

不潔な指先で掻いてしまったり、皮膚に合わないシャンプーを使っていたりなど、心当たりはないでしょうか。

2:ホルモンバランス

女性ホルモンは毛髪の育成にとても深く関わっています。
男性がAGAになるのも男性ホルモンの作用によるもので、女性ホルモンにはその男性ホルモンを抑える働きを持っています。
それだけではなく、女性ホルモンには血管拡張作用があるのです。
よって、女性ホルモンが足りていれば頭皮への血流は十分に行きわたります。

しかしこの女性ホルモンが更年期やピルの服用、生活習慣の乱れなどによってくずれると、女性ホルモンが持つ血管拡張作用が弱くなってしまうのです。

3:過度のストレス

よく指摘されているストレスについても脱毛症の原因としては最有力です。
ストレスがただでさえ血行が悪くなりやすい頭頂部への血行をさらに悪くしてしまうと育毛に必要な栄養が届かず、薄毛の原因になってしまいます。

生活習慣から血流を良くする

生活習慣から血流を良くする

頭頂部からの薄毛を改善するには血流を良くすることがたいへん重要です。
血流は、生活習慣を見直すことで簡単に良くすることができます。

まず見直すべきもっとも基本的なことは、「睡眠」「運動」「食生活」です。

・夜更かしをせずに安定した睡眠時間を確保する
・定期的に運動をしたり、寝る前にストレッチをする
・栄養バランスの取れた食事をとり、生姜のように身体を温めるものを食べる

以上のことを意識するだけでも、やがて薄毛の改善に繋がることでしょう。
そしてチャップアップのように、確かな効果が報告されている育毛剤を使うことで薄毛はみるみると改善していきます。

生活習慣と育毛剤、ぜひどちらも取り入れてみてください。

⑦薄毛卒業LP