【女性必読必見】ピルと円形脱毛症の関係

【女性必読必見】ピルと円形脱毛症の関係

ピルというと、女性にとって避妊薬としておなじみです。
しかしこのピルには、性質上さまざまな副作用があることをご存じでしょうか。
その中でも女性にとって見過ごせないのが、「円形脱毛症を引き起こす」というものです。

今回はあまり知られていない副作用ついて、ピルがどのようにして薄毛に作用するのか、そして正しくピルを使う方法もあわせて解説したいと思います。

ピルの役割と女性ホルモン

ピルがなぜ円形脱毛症を引き起こすのかというメカニズムを知るには、まずピルが持つ避妊効果のメカニズムを知っておく必要があります。

ピルは女性ホルモンに作用する薬で、妊娠可能な日である排卵日をコントロールするのが最大の薬効です。
ピルを飲んでいる間は排卵が起きないので妊娠する可能性がなく、ピルの服用を止めたら排卵が始まって生理になるので、その期間は性行為をしないようにすると高い避妊の効果が発揮されます。

しかし、本来は自然に迎えることになる排卵日を、薬の力でコントロールするのです。
そのひずみは女性ホルモンの乱れという形で帰ってきます。

ピルが円形脱毛症を引き起こすワケ

ここで登場した女性ホルモンという言葉が、円形脱毛症の原因につながっています。
円形脱毛症はいわゆる抜け毛とは異なり、病気のようなものとして考えられています。

原因はさまざまですが、最も大きいのはストレスだと言われています。
そして次に指摘されているのが、ホルモンバランスの乱れです。
中高年の女性が更年期障害によって薄毛になるのも、女性ホルモンのバランスが乱れるからだと言われています。

ピルによって女性ホルモンのバランスを変えると、それが頭皮にダメージを与えてしまって円形脱毛症になる場合があるのです。

ピルだけで円形脱毛症になることは少ない

ピルだけで円形脱毛症になることは少ない

それではピルを飲んでいる女性は全員が円形脱毛症になるのかというと、そんなことはありません。
全く症状が出ない人もたくさんいます。
こうした症状との関わりは体質もありますが、やはりストレスとの関係が否定できません。

ピルを飲んでいて女性ホルモンのバランスが変わった時に、さらに強いストレスがかかったりすると円形脱毛症として発症してしまうというケースが多いのです。

そして円形脱毛症が発症した場合は、ストレスを解消できるよう生活習慣を見直し、育毛剤を使いましょう。
とくに天然由来の成分でできたチャップアップなら、安心して使うことができます。

身体に優しいチャップアップなら、女性にもオススメです。

⑨薄毛進行