育毛方法で「唐辛子を利用する」ことの信ぴょう性とは?

育毛方法で「唐辛子を利用する」ことの信ぴょう性とは?

薄毛を解決する方法はさまざまなものが考えられていますが、その種類の多さはそれだけ悩んでいる人が多いということを意味しています。

そんな薄毛にお悩みの男性にぜひ知ってもらいたいのが、唐辛子を使った育毛ノウハウです。

なかなか育毛と唐辛子というと結びつかない部分がありますが、今回は唐辛子が育毛にどう影響するのかご紹介します。

唐辛子って毛根に良くないのでは?

唐辛子が育毛に役立つと聞いて、おそらく多くの方はその逆を想像されたのではないでしょうか。
唐辛子のような刺激物は、毛根にダメージを与えてしまいかえって薄毛になるというイメージがあります。

そのイメージ自体は間違いではありません。
確かに唐辛子は刺激物なので、量をとりすぎると逆効果になります。

どんなことにも言えることですが、過剰に摂取することは身体によくありません。
唐辛子を使った育毛も、適量以上を摂取しないことが前提です。

唐辛子を使って育毛力を高めるための適量は、一味唐辛子を1日あたり小さじ2杯までになります。
それ以上は逆効果になるので注意しましょう。

唐辛子が育毛に役立つメカニズム

続いて、なぜ唐辛子が育毛に役立つのかというメカニズムについても解説します。

毛髪を育てるために必要な栄養素は、タンパク質やミネラルです。
これらの成分は髪の毛を構成する成分であり、育毛には欠かせません。
それを積極的に摂取することを心がけた上で、唐辛子の出番となります。

唐辛子に含まれるカプサイシンは豆腐などに含まれている良質なタンパク質同様、頭皮にIGF-Iという成分を生成します。
このIGF-Iというのは毛根の中にある毛母細胞を刺激する働きを持っているので、それによって毛髪のターンオーバーが促進されて育毛効果を発揮するというわけです。

ターンオーバーとは生命活動に欠かせない再生活動のことで、自然な抜け毛があった後で新しく毛が生えてくる仕組みのことです。
このターンオーバーが正しく行われている時は抜け毛と生えてくる毛の本数が同じなので薄毛にならないと言われています。

唐辛子+タンパク質という組み合わせによって毛母細胞からのターンオーバーを活性化すれば、抜け毛があってもちゃんと次の毛髪が生えてくるのです。

唐辛子と豆腐を使った育毛メニュー

唐辛子と豆腐を使った育毛メニュー

唐辛子のカプサイシン。
豆腐のタンパク質は育毛のために重要な栄養素です。
最後に、この2つを同時に摂取できる簡単な料理を紹介します。

まず挙げられるのはチゲ鍋です。
唐辛子がタップリと入っているキムチを使った鍋料理ならば、豆腐と唐辛子を同時にとることができます。

次に挙げられるのは揚げ出汁豆腐です。
揚げ豆腐に大根おろしを乗せ、薬味に万能ネギをふりかけて食べる人が多いですが、この薬味を一味唐辛子に変えましょう。

この他にも麻婆豆腐や、唐辛子を薬味に添えた冷奴もオススメです。

このような形で日常生活に育毛を取り入れることは、チャップアップなどの育毛剤を使う上で、その効果を最大限に生かすためにも重要なのです。

⑨薄毛進行