育毛剤の前に!シャンプーの種類を知って正しく使おう

81
薄毛対策に育毛剤を使用したり、食生活を見直す人は多いもの。
しかしシャンプーのことも、対策を練る前に考え直しておかなくてはなりません。

頭皮環境を悪化させないためには、自分に合ったシャンプーを見つけることが大切なのです。
シャンプーの種類や特性についてご紹介しますので、選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

正しいシャンプーの選び方

シャンプーは泡立ちが良いほど品質も良い、と思っていませんか?
それは大きな誤解で、泡立ちが良いものほど肌の脂を奪ってしまいます。

本来、適度な皮脂は肌にとって必要なものなのです。
奪い過ぎるとフケや炎症の原因になり、紫外線のダメージも受けやすくなってしまいます。

そのため頭皮環境を整えるためには、脱脂力の強すぎないシャンプーを選ぶことが重要なのです。

シャンプーの種類

82
シャンプーは大きく分けて3つに分類できます。

まず1つが「高級アルコール系シャンプー」です。
市販のほとんどがこれにあたり、特に大手メーカーが売り出している商品の
大半が高級アルコール系です。

泡立ちが良いために爽快感を感じられるのですが、洗浄力が強すぎるのが特徴です。
必要な皮脂まで奪ってしまい、頭皮の乾燥を招く恐れがあります。

2つ目が「石鹸系シャンプー」です。
環境に優しいため、自然派志向の人に人気となっています。

しかしこちらも脱脂力は強め。
そのため肌の乾燥や髪のパサつきを感じやすい傾向があります。

最後が「アミノ酸系シャンプー」です。
比較的新しい種類のシャンプーで、美容室でも多く使われています。
泡立ちはいまいちなのですが、保湿性に優れ、肌に優しいのが特徴です。

理由は、洗浄剤に髪や肌を形成するたんぱく質のもととなる、アミノ酸を使用しているため。
肌への刺激が少なく、敏感肌アトピー肌の人にも注目されています。

なお、脱脂力は高級アルコール系が最も強く、次に石鹸系、アミノ酸系の順となります。
もちろんメーカーや商品によってもさまざまですが、選ぶ時の基準として覚えておきましょう。

アミノ酸系シャンプーですっきり洗うコツ

83
上記を読んで、アミノ酸系シャンプーに興味を持った方は多いはずです。

ただ、アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱いため、皮脂が多めの時や整髪料を使って
いる時
は要注意。
整髪料が残ったり、すっきり感が得られない場合もあるのです。

そんな時は、シャンプー前のお湯洗いが有効です。
事前にお湯で頭皮を洗っておくと、汚れや皮脂が適度に落とせますよ。

それでも汚れが頑固な場合は、2度洗いもおすすめです。
アミノ酸系シャンプーなら刺激が少ないので、2回洗っても頭皮への負担が少なく
抑えられます。

育毛効果を活かせる頭皮作りを!

決してシャンプーで育毛ができる、というわけではありません。
自分に合ったシャンプーを選ぶことで頭皮環境が整い、育毛しやすい環境へと導いてくれるのです。
土台がしっかりしてからでないと、育毛剤も食生活の改善も、効果が半減してしまいますよ。

シャンプーによって頭皮環境を整えることができたのならば、育毛剤の出番です。
オススメは「チャップアップ」と呼ばれる育毛剤。

こちらは育毛に有効な成分が豊富に含まれていて、薄毛の原因となる血流低下・毛穴の炎症を防いでくれます。
血行を促進して、より発毛しやすい頭皮へと変えてくれるので、育毛効果は高いと言えるでしょう。

万が一にも効果が出なかった場合でも「全額返金保証制度」がついているので安心です。
頭皮の準備が整ったら、ぜひチャップアップを使用してみてください。
 
⑤シャンプーLP