大豆エキスは食べても飲んでもよい薄毛改善成分!?

大豆エキスは食べても飲んでもよい薄毛改善成分!?

大豆は「畑の肉」と呼ばれるほどタンパク質の豊富な農作物です。
そのタンパク質も、私たちが生きていく上で重要な必須アミノ酸を多く含んでいます。
豚肉などと比べても必須アミノ酸の含有量が多く、そして脂肪分が少ない。
まさに健康のための食べ物と言って良いでしょう。

実はこの大豆、薄毛対策にも有効な食べ物なのです。
今回は大豆がどう薄毛対策に有効なのかをご紹介します。

大豆イソフラボンとは

大豆にはさまざまな栄養素が含まれています。
「アミノ酸」「食物繊維」「ビタミンE」「ミネラル」「カルシウム」「オリゴ糖」「大豆たんぱく質」「大豆レチシン」「大豆イソフラボン」などです。

この中でも特に、大豆イソフラボンについてご紹介します。
大豆イソフラボンは疑似女性ホルモンとも呼ばれており、女性ホルモンと似た作用があるのです。

女性ホルモン「エストロゲン」は思春期になった女性が多く分泌し、髪の美しさを始めとする女性らしい特徴の発達を促します。
さらには男性ホルモンの抑制効果もあるので、男性型脱毛症の緩和に繋がるのです。

その他の髪に良い栄養素

大豆に含まれた髪に良い成分は、「大豆イソフラボン」だけではありません。
「たんぱく質」「ミネラル」「ビタミンE」にも注目しましょう。

・たんぱく質
たんぱく質は髪の主成分です。
抜け毛薄毛の原因にたんぱく質不足が挙げられることもあります。
髪の源を摂取して、発毛を促せます。

・ミネラル
ミネラルとは亜鉛や銅、マグネシウムのことです。
これらは髪の栄養分になります。
ミネラルの摂取は育毛に繋がります。

・ビタミンE
ビタミンEには血管を強くし、血液内の過酸化物質などを分解する力があると言われています。
髪への栄養は血液に乗って運ばれます。
ビタミンEをとることで、髪への栄養を運びやすくするのです。

イソフラボンと一緒に摂るべきもの

イソフラボンと一緒に摂るべきもの

髪の成長や発毛・育毛のために不可欠なイソフラボンですが、その効果を最大限に引き出すにはある物を一緒に食べると良いと言われています。

それはトウガラシです。
トウガラシに含まれる辛味成分カプサイシンが頭皮を刺激し、IGF-1というインスリン成長因子を増やし、毛乳頭を活性化させるということが研究で分かりました。

熊本大学の岡嶋助教授が全頭脱毛の患者50人に臨床試験を行ったところ、トウガラシ2g分のカプサイシンと大豆30g分のイソフラボンにより、半数以上の人の発毛が確認できたのです。

スーパーフード大豆

大豆は海外でも「スーパーフード」として注目を集めています。
スポーツ選手は筋肉を作るために積極的に食べ、食物繊維があることから便秘気質の人に推奨されています。

そして今回紹介したように、薄毛対策にも効果的なのです。

発毛・育毛のためにはもちろん、自身の健康のためにもぜひ日ごろから摂取しましょう。

②定期購入LP