チャップアップに含まれるDHT抑制効果のある成分

チャップアップに含まれるDHT抑制効果のある成分

チャップアップには、DHT(ジヒドロテストステロン)抑制効果のある成分が含まれています。
薄毛に悩む男性にとって、心強い成分です。

今回はこのDHTとはなんなのか、そしてチャップアップのどのような成分がDHTを抑制するのかをご紹介します。

DHTとは何か

DHTは男性ホルモンの一種です。
このDHTは、男性ホルモンのなかでもとくに男性の薄毛を促進させる効果があるとして有名です。

私たちの体の中にはTH(テストステロン)というホルモンがあります。
このTH、私たちの睾丸の中でほとんど作られています。
このままなら「生殖器の拡大」「性欲の増加」「骨格・筋肉の成長」という効果があって、薄毛に悪いということはありません。

しかし、THは私たちの体内で5αリダクターゼという還元酵素と結びつき、DHTに変換されます。
DHTはTHよりもずっと強力な男性ホルモンです。DHTの増加は「薄毛」「体毛の増加」という結果に繋がります。

DHTは細胞分裂を阻害する

5αリダクターゼと結びついてできたDHTは、毛乳頭細胞の受容体に結合してしまいます。
それにより髪の毛を作る為の細胞分裂を邪魔してしまうのです。
これにより私たちの髪は細く・弱く・抜けやすくなり、薄毛や抜け毛に繋がってしまうのです。

これを防ぐ方法として「5αリダクターゼを抑制してDHTの生成を防ぐ」「毛乳頭細胞を刺激して細胞分裂を活発にする」という方法が挙げられます。

DHT生成を防ぐ成分

DHT生成を防ぐ成分

チャップアップにはDHT抑制成分が含まれています。
「オウゴンエキス」「ヒオウギ抽出液」「ビワ葉エキス」、そして2015年に新たに配合された「チョウジエキス」がそうです。

これらの成分は側頭部・後頭部の薄毛の原因である5αリダクターゼ(Ⅰ型)と、頭頂部の薄毛の原因である5αリダクターゼ(Ⅱ型)を抑制する働きがあります。
これらは全て自然由来の成分です。よって、副作用の心配もまずありません。

配合されているセンブリエキスにも注目しましょう。
このセンブリエキスは毛乳頭を刺激して、細胞分裂を活発にするという効果があるのです。

DHT対策をしていないと?

育毛剤にはチャップアップのようにDHT対策のしっかりととれた育毛剤と、そうでないものがあります。
では、DHT対策のとれていない育毛剤を使い続けるとどうなるのでしょうか?

私たちの髪は日々成長しますが、DHTの生成が活発な状態だと髪の成長が妨害されます。
さらには髪の成長を上回るスピードで髪が抜けていくのです。

DHT抑制効果のある成分がない育毛剤は、髪の成長力を刺激して活発にしてくれますが、脱毛のスピードと打ち消しあって思う通りの効果が発揮できません。
結果、脱毛の緩和には繋がっても改善には至らないと言えます。

皆さんも育毛剤をお求めの際は、チャップアップのようにDHT抑制効果のある成分が含まれたものを選びましょう。

④副作用LP