太るだけでなく薄毛の原因にも? 夜食が髪に与える影響

太るだけでなく薄毛の原因にも? 夜食が髪に与える影響

「夜食は太る」と言われているため、ダイエットしている方は気を付けることがおられることかもしれません。
実は、夜食は太るだけでなく髪にも悪影響を及ぼします。

そのため、薄毛を気にされている方も、夜食を避けるべきなのです。
今回は、なぜ夜食を食べると薄毛になるのかというメカニズムをはじめ、夜食と頭皮の関係について紹介します。

頭皮の血行が悪化する

夜食を食べると、その後寝ている間も消化活動が行われます。
血液が内臓などに集中してしまいますので頭皮の血行が悪化していくのです。

髪の毛というのは血液によって運ばれた栄養素によって育っていきますので、頭皮の血行が悪化すると髪の毛が上手く育たなくなります。
これが夜食で薄毛になる一つの理由です。
特に夜間は一日で最も髪が育つ時間帯ですので、その時間帯に血行が悪化してしまうことは頭皮にとって大きな痛手となります。

皮脂が増える

夜食を食べると食べた食材が脂肪になりやすく、太りやすくなります。
身体が太るとその分、頭皮の「皮脂」の分泌が増えます。
皮脂は一定量であれば必要不可欠ですが、過度に分泌されると頭皮の毛穴が詰まったり汚れたりする原因となるのです。

睡眠が不足する

夜食を食べると寝つきが悪くなることがあり、睡眠時間が削られてしまいます。
睡眠不足は自立神経を乱したり、血行を悪化させたりしますので育毛発毛の天敵となります。
髪の毛は夜間の23時~2時頃が最も育つと言われていますので、夜食を食べたことで就寝時間が遅れるとその分、髪の毛が育ちにくくなり薄毛を促してしまうのです。

どうしてもお腹が空いている時は?

どうしてもお腹が空いている時は?

とはいうものの、どうしてもお腹が空いている時は、無理に我慢するとストレスの原因となりますのでこれもまた薄毛を促す要素となってきます。
ですので、お腹が空いてどうしようもない場合は、無理に我慢せず多少の夜食は摂っておいた方がよいかもしれません。

また、例えば朝から何も食べておらず空腹が続いている様な状況であれば、夜食であってもしっかりと摂った方が良いでしょう。
一日に必要な栄養分すら摂れていない状況ですと、薄毛の原因にもなりますし、身体にも悪影響を及ぼします。

このように夜食というのは、髪の毛に悪影響を及ぼす要素をいくつも持っています。
また身体を太らす原因となり、その影響で頭皮へマイナス要素となるのです。
身体をスレンダーに保つためや、薄毛を悪化させないためにもできる限り避けることをオススメします。

すでに夜食を摂取する習慣がついており、薄毛が気になりだした方にはチャップアップの利用を検討して頂きたいです。
現在、最も信頼できる育毛アイテムとなっています。

⑨薄毛進行