ポテトチップスが薄毛を悪化させる3つの理由

ポテトチップスが薄毛を悪化させる3つの理由

小腹が空いたときや口さみしい時、無性にポテトチップスを食べたくなる時があるかもしれません。

ですが、ポテトチップスに含まれる油分や塩分が薄毛を進行させる原因となってしまうことがあります。
食べる場合には量を考慮するなど、食べ過ぎない意識が大切です。

今回はポテトチップスが薄毛を悪化させる理由について述べていきます。

ポテトチップスは炭水化物と油分でできている

ポテトチップスが薄毛を悪化させる理由に、油分と炭水化物の多さが挙げられます。
ポテトチップスの材料であるジャガイモは炭水化物が主成分であり、油と結合することで脂肪になりやすくなります。
摂取することで血中脂肪を高めて動脈硬化のリスクを高めるだけでなく、頭皮への栄養供給に支障をきたす可能性もあるのです。

また摂取する油が多ければ皮脂が増え、雑菌の繁殖や毛穴を塞ぐリスクも出てきます。
体臭のキツい原因が、油分の摂りすぎであるケースもあります。

次に塩分が多いことも問題です。
塩分の過剰な摂取は高血圧になる確率を高め、血管や皮膚にも負担をかけます。
血管に負担がかかれば水分が漏れ出し、身体がむくむだけでなく必要な栄養素も流出してしまうのです。
ポテトチップスは薄毛に対するさまざまなリスクを抱えており、摂取する量を調整することも大切なのです。

食べ過ぎはカロリーや塩分を基準に判断する

食べ過ぎはカロリーや塩分を基準に判断する

ポテトチップスを食べ過ぎかどうか考える基準になるのが、カロリーや塩分の量です。
ポテトチップスでも大容量のものもあれば小分けにパッケージされたものがあり、それぞれに内容量が変わります。
基本的には、一袋ではなくグラムで考えるのが大切になってきます。

例えば、大手メーカーのポテトチップスは100グラムで550キロカロリー前後あります。
これは標準的な身長の成人男性が一日に必要なカロリー量の4分の1ほどになってしまいます。

一日に一袋では明らかにカロリーオーバーになる可能性が高いです。
だからといって、ポテトチップスを食べるために普段の食事を減らすと栄養不足に陥る可能性もあります。

また、塩分量は100g中の1g程度になります。
これも成人男性が一日に必要な塩分量の10分の1程度になるため、特に塩分の制限を受けている方は気を付ける必要があるのです。

ポテトチップスの食べ過ぎは薄毛を進行させるリスクを持っています。
主な理由としては血中脂肪が増加することによる血液の停滞・油分の摂り過ぎによる皮脂の増加・塩分の摂り過ぎによる栄養の流失などです。
ポテトチップスはかなりカロリーが高く、塩分も多めとなっているため、一日一袋ではかなり負担があることを自覚し、適度に量を調整する必要があるのです。

高カロリー・高脂肪を摂取し、薄毛が気になり始めた方はチャップアップをご利用されることをオススメします。
頭皮を詰まらせる原因を解消してくれる素晴らしいアイテムです。

⑨薄毛進行