意外な事実? 虫歯と薄毛には関係性があった!

意外な事実? 虫歯と薄毛には関係性があった!

全く関係ないように思える虫歯と薄毛ですが、実は密接に関係しています。
これは噛むための筋肉の動きが血流に影響を与えるだけでなく、痛みによるストレスが抜け毛を増やす原因になるからです。
ここでは、虫歯が髪の毛に及ぼす影響についてご紹介します。

噛む力は非常に重要になってくる

頭皮に十分な血液と栄養が流れないことが薄毛の原因になる場合があります。
その血流不足の理由のひとつとして、虫歯があります。虫歯は、噛む際の筋肉の動きに影響を与えているのです。

虫歯のない健康な状態では、筋肉が動くことで血管が収縮され、ポンプのように頭に血液が流れやすくなります。
虫歯になると、噛む回数が減ってしまうためポンプの機能を発揮できず、血流が悪くなってしまうのです。

痛みを我慢することや、正常な噛み合わせが出来ないことは育毛の観点でもマイナスになってしまいます。

また、噛む力を維持することで免疫力が高まり、他の病気にもかかりにくくなると言う研究もあります。
虫歯ができた場合はなるべく早く治療することが重要なのはもちろんですが、薄毛とも関連があることをしっかりと忘れないようにしましょう。
放置しても何もいいことはありません。

痛みによるストレスも大敵に

ストレス性の脱毛があるように、虫歯の痛みのストレスが薄毛に影響する可能性があります。
些細な痛みでもストレスは蓄積されることが多く、気が付かないうちに影響が大きくなってしまうことがあるのです。
虫歯の痛みが小さくても、他のストレスと組み合わさることで薄毛の進行を早めてしまう可能性もあります。

また、痛みが激しい場合や、気になって睡眠がしっかりとれない場合は、新陳代謝も弱まってしまうため非常に危険です。
痛み止めなどで対処しても一時しのぎでしかないため、根本から治療する必要があるのです。
虫歯だけでなく噛み合わせが悪い場合は、医師にかかる際、合わせて診てもらうようにしましょう。

噛む力が増せばそれだけ頭部に血液が流れやすくなり、育毛の助けにもなります。
歯の健康を守ることは、薄毛を減らし、髪の毛を増やすためにも重要なポイントなのです。

意外な事実? 虫歯と薄毛には関係性があった!

虫歯と薄毛は関係ないように思えますが、実は大きく関わっています。
これは虫歯ができて噛み合わせがおかしくなると頭皮に正常な血液が送られ辛くなるからで、その分髪の毛が抜けやすく、育ちにくい環境になってしまうからです。

また、痛みによるストレスも薄毛を引き起こす要素のひとつです。
単純なストレスだけでなく、睡眠が浅くなることや十分に身体を休めることもできなくなれば、さらに影響が大きくなることを覚えておきましょう。
虫歯になったと思ったら、放置せずに早めに治療を受けることが薄毛対策にも重要になるのです。