育毛剤と育毛剤の併用で薄毛が進行する危険性!?

育毛剤と育毛剤の併用で薄毛が進行する危険性!?

育毛剤と育毛剤を組み合わせることで相乗効果が期待できるかと言えばそうではなく、組み合わせ方によっては過剰摂取や危険な反応で薄毛が進行する可能性があることをご存知でしょうか?

ここでは、育毛剤を併用することの危険性についてご紹介します。

メーカー自体が推奨していないことに注意

育毛剤の併用はメーカーが推奨していない使い方であり、ほとんどの場合は使用法の注意として明確に禁止されています。
これは成分同士がどう反応するかのチェックをメーカーが行っていないだけではなく、成分の過剰な摂取によって頭皮への負担が高まる恐れがあるからです。
育毛剤は効果を感じやすいように、法律が許す上限いっぱいまで成分を含んでいることが多いです。

もちろん、育毛剤によって種類は違いますが、特に高級なものでは成分量にこだわっていることが多く、成分バランスが重要になる場合があります。
育毛剤を併用することは、このバランスを崩してしまう恐れがあるだけでなく、思わぬ悪影響が及ぶ可能性があるため、可能な限り避ける必要があるのです。

血行が促進され過ぎて育毛のサイクルが狂う可能性も

血行が促進され過ぎて育毛のサイクルが狂う可能性も

育毛成分の過剰摂取によって考えられるマイナス要因のひとつに、「育毛サイクルが狂う可能性」が挙げられます。
髪の毛には自然に生えて抜けるサイクルが存在し、このサイクルが狂った影響で薄毛になってしまうのです。

これは髪の毛が抜けるように刺激を出す成分が頭皮で生まれるためで、育毛剤の併用でこのサイクルが更に狂い、より髪の毛が早くなるように指令が出てしまう可能性もあるのです。

また、育毛剤には血行を促進する成分を含んだものが多く、過剰に届いた栄養が皮脂の分泌に影響することや、雑菌の繁殖を促し炎症を引き起こしてしまう可能性もあります。

育毛剤の併用だけでなく、過剰な使用も刺激が強すぎる場合があるため、適量を使うことを習慣づけることが最も大切な薄毛対策のポイントになるのです。

 
育毛剤と育毛剤を併用すると、思わぬ化学反応で頭皮に大きな負担がかかってしまう可能性や、正常なメカニズムが狂ってしまう可能性があります。
これはメーカーごとに適量を定めて育毛剤を作っているためで、過剰な摂取に繋がりがちな事や、安全性の確保がされていない分野だからでもあります。

育毛に良い成分も使い過ぎれば毒になってしまう可能性があります。
あくまで一つの育毛剤に絞って、適量を継続的に使うことで効果を期待できるため、ただ量を求めたり、組み合わせたりすれば効果を感じやすくなるわけではないのです。