薄毛治療薬「プロペシア」の副作用について

72
男性型脱毛症に効果があるとされる「プロペシア」は、現在60カ国で承認され、使用されている内服薬です。

日本でも2005年から販売され、薄毛治療のために広く使われています。
しかしこの薬には、いくつかの副作用があることが明らかになっています。

プロペシアの副作用とはどのようなものなのでしょうか?

プロペシアの効果

73
プロペシアはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されました。
ところがこれを服用した患者から「毛が生えてきた」という報告が相次いだため、改めて薄毛治療のために研究・開発
されたものです。

男性型脱毛症は、男性ホルモンによって髪の毛がやせ細り少なくなっていくのですが、プロペシアは薄毛の原因となる
男性ホルモンの生成を抑制する作用があることが認められました。

このため、プロペシアは基本的に男性型脱毛症にのみ効果があります。
同じ薄毛でも女性の場合は原因が異なるので、プロペシアは効きません。

プロペシアは髪の毛を生やすというよりも、すでに生えている毛を太く丈夫にする効果がある薬です。
髪の毛が全体的に太くなることで、結果として薄毛が目立たなくなるのです。

プロペシアは錠剤タイプの薬で、医師の判断に応じて量は増減しますが、1日5錠が上限になっています。
たくさん飲んだら効果が倍増、というタイプの薬ではありません。

プロペシアの副作用

74
 
プロペシアにはいくつかの副作用が報告されています。
重大な副作用としては、肝機能障害があります。

薬を飲み始めてから、体がひどくだるいなどの症状が出た場合は、ただちに
医師に診断してもらう必要があります。
血液検査で異常が認められれば、服用を中止しなくてはなりません。

 
また、性欲減退、勃起機能の低下も報告されています。
精液量減少、無精子症、精子の運動機能が低下したり精子に奇形が見られるといった症状も同時に引き起こすことが
あります。

ただし、性欲減退や勃起不全が起こる確率は0.7%程度なので、気にしすぎはよくありません。
ほかにも服用の際にかゆみや蕁麻疹、発疹を引き起こしたり、乳房の肥大や圧痛、うつやめまいの症状も報告
されています。

この薬を服用していると、前立腺の検査値が低く出ることもあります。

またプロペシアは男性ホルモンに作用する薬なので、妊娠中の女性が服用すると男性胎児の生殖器官が正しく発育しない可能性があります。
妊娠・授乳中の女性は、プロペシアの錠剤に触れることすら危険な行為です。

プロペシアには育毛効果がありますが、重大な副作用を引き起こす危険性もあることをきちんと知っておきましょう。
もし服用中に異常を感じたら、ただちに医師の診断を仰ぐことが大切です。
 
④副作用LP