安心・安全がモットー? チャップアップの副作用について

安心・安全がモットー? チャップアップの副作用について

育毛剤に限らず、薬品は摂取することで効果を期待できる半面、多くの場合は副作用のリスクも孕んでいます。

風邪薬にさえ副作用が起こる人もいるくらいです。

副作用はなぜ起こるのでしょうか?
そして育毛剤でも副作用が生じるものはあるのでしょうか?

今回は育毛剤と副作用についてご紹介します。

副作用はどうして起こるの?

薬本来の目的である有益な作用を「主作用」と呼ぶのに対して、期待しなかった作用を「副作用」と言います、ほとんどの薬は、その両方の作用を併せ持っていると言われています。

副作用が起こる主な原因は、以下の通りです。

・薬の性質が原因(風邪薬のように、くしゃみ鼻水を止めると同時に眠気を誘発する)
・薬の使い方が原因(用法や用量の間違い。複数の薬の飲み合わせ)
・薬を使う人の体質が原因(本人のアレルギー体質など)
・薬を使用したきの体の状態が原因(睡眠不足時に薬を摂取するなど)

また、摂取した薬が期待していた箇所以外に作用することも稀にあります。
これも副作用の例の一つです。

育毛剤における副作用

上記で紹介した副作用ですが、残念なことに育毛剤を使用して起こったという例も報告されています。

では、どのような成分が副作用を起こすのかご紹介します。

・ミノキシジル
「ロゲイン」や「リアップ」といった有名な育毛剤にも使われている成分です。
発汗や湿疹、ニキビや吹き出物、さらには痒みといった肌アレルギーの症状があらわれことがあります。

また、頭痛やめまい、吐き気などの体調不良を訴える人の声も多く、500件以上の症状が報告されているのです。

さらに、ミノキシジルには血圧を下げる効果もあり、低血圧の人は使用を控えたほうが良いでしょう。

・フィナステリド
薄毛や脱毛の原因の一つに、男性ホルモンの過剰分泌が挙げられます。
その男性ホルモンを抑制する効果がフィナステリドにはあります。
しかし、その効果が頭髪意外に作用し、勃起不全や精子減少が現れたという人の例も報告されています。

フィナステリドを含有している製品として挙げられるのは「プロペシア」です。
深刻な副作用がでることはほぼ無いと言われていますが、国の臨床試験では、「1mgのプロペシアで胃部不快感、性欲減退など約5%の副作用が認められた」という結果が現れました。

育毛効果は非常に高いことが認められていますが、副作用が気になる方は避けることをオススメします。

副作用が無いのは天然由来のもの!

副作用が無いのは天然由来のもの!

化学物質は元々人の体の中に無いものです。
それを頭皮にかけたり口内から体内に入れるということは、それなりにリスクのあることなのだなと、皆さん改めて再認識したかと思います。

では育毛剤を始めとした薬品に、安心して利用できるものはないのでしょうか?

そんなことはありません。育毛剤などの中でも、天然由来の成分だけを使ったものは副作用の報告がほとんど無いことで有名です。

もちろん、天然由来の成分にアレルギー症状を持っている方は別ですが、化学物質の成分を多く含んだ育毛剤よりはずっと安心と言えるでしょう。

天然由来の成分にこだわっている育毛剤といえばチャップアップです。
過去に他の育毛剤を試して、何かしらの副作用が出たという人はチャップアップを試すと良いでしょう。

④副作用LP