チャップアップの成分の1つ「マロニエエキス」の効果とは?

チャップアップの成分の1つ「マロニエエキス」の効果とは?

チャップアップは高い効果と確かな安全性をかねそろえた、まさに理想の育毛剤です。
そのチャップアップの中にはさまざまな成分が含まれています。

その成分の内の1つが「マロニエエキス」です。
この「マロニエエキス」は何から作られ、私たちの髪にどんな効果を与えてくれるのでしょうか?

今回はチャップアップの主成分の1つである「マロニエエキス」についてご紹介します。

マロニエとは

ヨーロッパでは公園樹木や街路樹などとしても使われえている木で、日本では「セイヨウトチノキ」と呼ばれています。

“Horse-chestnut”(「馬栗」)とも英語では呼ばれていて、昔はアロマニの実を馬に与える飼料として使っていました。
また、馬の薬として使われていたこともあります。

他にも実に含まれるサポニンアエスシンという成分はは「静脈瘤」「浮腫」「捻挫」等に対して効果があると言われています。

薬の他にも薬品として、麻や羊毛等の脱色や毛織物などの洗濯にも利用できます。
アロマニの実は以前より人間の生活と深く係わってきました。

ただし食べるのは危険!?

アロマニエの実は黄緑色をしたトゲトゲの玉にも似た形をしています。
そしてその実を向けば、栗にそっくりな種子が現れます。

しかし残念なことに、この栗そっくりな種子は食べることができません。
種子の中にはサポニンやグルコシダーゼ、そしてエスクリンという有毒な成分が含まれてます。
種子をそのまま体内に摂取すると以下のような症状が出ることが分かっています。

・筋肉のけいれん
・衰弱
・瞳孔散大
・嘔吐
・下痢
・麻痺
・昏迷
・胃腸の炎症

ただし、日本では生で食べるような機会はほとんど無いと言えるでしょう。

毒性の成分を抜けば体に良い?

毒性の成分をもったアロマニエの実ですが、では「そんなアロマニエの実からエキスを抽出して使っているチャップアップは体に悪いんじゃ」と一瞬思う方もいるかもしれません。

安心してください。大丈夫です。

アロマニエの実の中にあるのは毒性成分だけではありません。
体に良い成分も含まれていて、それを抽出して使うことでいろんな効果があると言われています。

また、先ほど紹介したエクスリンも毒性がある反面、容量や接種方法によっては薬効があることも認められています。

種子を生で食べることが危険なのであって、薬としては古くからヨーロッパで使われていたのです。

アロマニエエキスの効果!

アロマニエエキスの効果!

では具体的に、アロマニエエキスにどんな効果があるのか見ていきましょう。

・血行促進
 頭皮の血行を良くすることによって毛に栄養分を運びやすい状態にします。

・紫外線吸収作用
 紫外線は髪の天敵です。1年中紫外線にさらされる私たちの髪を、紫外線を吸収することで守ってくれます。

・抗酸化作用
 紫外線によってダメージを受けた私たちの髪をケアしてくれます。

・収れん作用
 組織・血管などを縮めて引き締める効果で、毛穴も引き締まります。
これにより皮脂などの汚れが毛穴に入って詰まることを防ぎます。

このように、しっかりと薬効成分を抽出したアロマニエエキスには、髪や頭皮にとってありがたい効果が期待できるのです。

天然由来の成分がタップリ!

チャップアップはアロマニエエキスを始めとした、天然由来の成分がふんだんに使われています。
使用者の体のことを考えればこそ、天然の成分にこだわっているのでしょう。

効果も期待できて体にも優しい。
そんなチャップアップだからこそ、多くの人から支持されているのかもしれません。

⑦薄毛卒業LP