薄毛対策革命を起こした「チャップアップ」の安全性

69
現代日本の成人男性の内、4人に1人は薄毛に悩んでいると言われています。

薄毛対策は医療分野でも大きな市場となっていますが、そこで使用される薬剤の副作用は大きく、時には日常生活にまで何かしらの制限がかけられてしまう事も。

「チャップアップ」は副作用の心配がなく安全な薬剤だと言われていますが、どのような成分が配合されているの
でしょうか?

全32種類の配合成分

70
チャップアップに配合されている成分は、全部で32種類。

基本的に副作用の危険がある科学化合物を使用しないという方針の元で選定された、薄毛対策に有効な成分で構成されています。

まずは、32種類すべてをリストアップしましょう。

海藻エキスM034
グリチルリチン酸2K
ジフェンヒドラミンHCI
センブリエキス
ビワ葉エキス
ボタンエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
ヒオウギ抽出液
ニンジンエキス
クロレラエキス
オウゴンエキス
ローマカミツレエキス
アルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
サクラ抽出液
PCA-Na
ベタイン
グリシン
アラニン
ブロリン
セリン
トレオニン
アルギニン
リシン
グルタミン酸

いかがでしょうか。
多くが天然のハーブなどを由来とする成分であるとお分かりいただけたかと思います。

古くから漢方などに使用されてきたこれらの素材を組み合わせる事によって、副作用の危険を取り除きつつも、頭皮に
栄養を与え、血行を促進し、毛包に直接働きかける薬剤の製造に成功したのです。

主要な成分の効果を解読する

71
全32種類の成分の中で、チャップアップの魅力の要となる成分があります。
それは、「センブリエキス」「グリチルリチン酸」「ジフェンヒドラミンHC」の3つ。

「センブリエキス」は、頭髪を作っている毛母細胞の働きを活発化する作用が期待され、さらに頭皮の保湿効果で髪の成長に欠かせない水分を補います。

「グリチルリチン酸」は甘草由来の、頭皮トラブルの大きな要素である毛穴の炎症を防止する成分です。

「ジフェンヒドラミンHC」は血行促進、抗炎症作用で、湿疹、蕁麻疹、皮膚の炎症や痒みを押えてくれますので、
やはり育毛には不可欠な成分と言えるでしょう。

薄毛の進行する主要な年代は20代からです。
まだ早い、と思わずに、気になったらすぐにチャップアップのような副作用の心配がない薬剤で対策を始める事を
おススメします。
 
①通常LP