「Deeper3D」の成分は本当に副作用リスクがない?

「Deeper3D」の成分は本当に副作用リスクがない?

高い育毛効果が期待できる育毛剤として人気の「Deeper3D」。
このDeeper3Dは副作用のリスクも無いと言われていますが、本当にそうでしょうか。
Deeper3Dに含まれる成分から、副作用のリスクを分析していきます。

Deeper3Dの成分

以下のような成分で構成されています。

・キャピキシル
・プラセンタエキスなど計8種類のグロースファクター(成長因子)
・モンゴロイド3大伝承成分
・その他水やエタノールなどの無添加成分
計52種類に及ぶ成分を配合

この様にDeeper3Dはかなりの数の育毛成分を含んでおり、また含まれるそれぞれの成分もキャピキシルやグロースファクター(成長因子)など育毛効果の強い成分ばかりです。
このため、育毛剤の中でもトップクラスの育毛効果を持っており、「その効果はミノキシジルの3倍」「約9割の方が薄毛効果を実感」などとも言われています。

キャピキシルの副作用

さて、このDeeper3Dの成分の中でも特に強い育毛効果を発揮する「キャピキシル」。
キャピキシルは育毛効果が強いだけでなく、副作用が無いことも一つの売り文句となっています。

ですが、キャピキシルに副作用はあります。
キャピキシルの原料となっている「ムラサキツメクサ」は、実は発がん性や不妊のリスクが潜んでいます。

また、使いすぎると頭皮の痒みを起こし、頭皮自体にも悪影響を及ぼす事があります。
キャピキシルにはこういったリスクが潜んでいるため、Deeper3Dが全く副作用が無いという訳ではありません。

その他の成分もあやしい?

その他の成分もあやしい?

例えばDeeper3Dに含まれるグロースファクター(成長因子)の一つ「プラセンタエキス」はアミノ酸が強いため、人によりアレルギー反応を起こす事があります。

他にもDeeper3Dには効果の強い成分が多い為、突っついていけばまだまだ副作用のリスクは潜んでいるでしょう。

Deeper3Dに含まれる成分構成は”薄毛治療レベル”とまで言われており、分類も”医薬品”となっています。

そのため育毛効果が強い訳ですが、逆に言えば身体へ与える効果が強いほど副作用のリスクというのも強くなるのが通例です。
Deeper3Dの場合、成分の数も多くそれぞれの成分の効果も強い為、それで全く副作用が無いという事はまずないかと思います。

この様にDeeper3Dは育毛効果大、副作用なしと謳われていますが、実際は副作用のリスクは潜んでいます。
ですので、絶対に安心だと思って使うのは控えた方が良いでしょう。
育毛、発毛を目指すなら、チャップアップに代表される安全な製品を使いましょう。

④副作用LP