「前髪が薄くなってきた…!?」対策のカギは【血流】!

「前髪が薄い」

「生え際が、ほんの少し後退した」

もし少しでも気になった場合は気のせいだと放置せずに、まずはご自身の生活習慣を見直してみましょう。

もしかしたら、脱毛症の典型的な症状かもしれません。

ストレスを溜めすぎていませんか?

65
ストレスからくる薄毛というと、円形脱毛症を思い浮かべるかもしれません。
しかし、ストレスから引き起こされる薄毛はそれだけにとどまりません。

ストレスは全身の血管を収縮させてしまうため、毛細血管などの細い血管は血流が特に滞りがちになってしまいます。
すると栄養の供給や老廃物の排出が上手くいかなくなり、薄毛や抜け毛に繋がります。

薄毛対策にはストレス解消が欠かせません。
映画を見る、スポーツをする、入浴してリラックスをする、などしてストレスを溜め込まないようにしましょう。

過度の喫煙が抜け毛や薄毛を促進させる

66
タバコの値段が上がる、禁煙場所が増える、など喫煙者にはツライ世の中になりましたが、それでも禁煙者は多くいます。

そのタバコに含まれているニコチンという成分が抜け毛や薄毛を
促進させます。

ニコチンにより毛細血管が収縮し、頭皮への血流が低下して栄養が十分に行きわたらなくなります。
そのため髪の成長が阻害されてしまいます。

しかし、タバコをやめたことで過度のストレスを感じ抜け毛が増える方もいるので、禁煙する場合はストレスのかからないようにすることが大切です。
別のリラックス方法を見つけてから禁煙を行う、お医者さんに相談しながら禁煙する、などして禁煙をしましょう。

運動していますか?

67
普段、仕事が忙しくて休日は家で寝て過ごすという方も多いかもしれません。

しかし、そのような生活では運動不足になり、薄毛を促進させてしまう恐れがあります。

筋肉が衰えると、血液もうまく循環しなくなります。
体を休めようと家に引きこもってしまうと、逆に筋肉がストレスを感じて血行不良を起こしかねません。

 
急激な運動をし始めるのではなく、少しずつストレッチやラジオ体操などを日常に取り入れるようにしましょう。

薄毛対策のカギは血流!

68
薄毛対策方法を見ていくと、血流に関係しているものが多くあります。

髪を育てるタンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素をいくらバランスよく体内に取り入れても、きちんと体の隅々にまで届けられなければ意味がありません。

しかしストレスや疲れ、睡眠不足などはすぐには改善するのが難しいという方も
多いでしょう。
そんな時は「血流を促進する」「血流低下を防ぐ」「血行を促す」といったことに注目している育毛剤を選ぶようにしましょう。
その中でもオススメはチャップアップです。

その人気ぶりは、使用者の97%が満足しているとの声があることで感じていただけること
でしょう。

また日本臨床医学発毛協会会長のお墨つきがあることも多くの愛用者を生み出す魅力の1つとなっています。

ちょっと前髪が気になってきたという方は、生活習慣を見直すとともにチャップアップの育毛剤などを取り入れ早い段階から薄毛対策を行っていきましょう。
 
⑥M字LP