チャップアップの効果を引き出すシャンプーの選び方

チャップアップの効果を引き出すシャンプーの選び方

チャップアップを始めとした育毛剤をご利用の皆様、シャンプーの選び方にも気をつけていますか?

育毛剤の真の効果を発揮させるためには、シャンプーによる頭皮環境の改善も重要です。

しかし、シャンプー選びは1歩間違えれば薄毛を促進させることもあります。

頭皮に良く、チャップアップの効果をさらに高められるシャンプーは無いのでしょうか?
今回はシャンプーの種類と特徴についてご紹介します。

シャンプーは全部で3種類ある

ドラッグストアやスーパーに売っている一般的なシャンプーは、大きく分けて3種類に分けられます。

1.アルコールシャンプー
石油由来の界面活性剤、もしくは動物性・植物性油脂を加工して作られるシャンプーです。
安価で大量に作られることから、多くの人に使われています。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸アンモニウムなどが配合されており、洗浄力も頭皮への刺激もかなり強いという特徴があります。
薄毛対策中の方はもちろん、敏感肌や乾燥肌をお持ちの方も避けたほうが良いでしょう。

2.石鹸シャンプー
石鹸素地を加工して作るシャンプーです。
原材料は天然由来のものが多く、 脂肪酸Na・石鹸素・脂肪酸Kといった原材料を含んでいます。
天然由来の原材料から出来ているので、非常に高い洗浄力を持ちながら頭皮への刺激は少ないのが特徴です。
ただし、シリコンのようなコーティング材を含んでいないので、シャンプー後は髪がごわごわします。

また、洗浄力が強すぎるため、頭皮の皮脂を必要以上に落としてしまい、薄毛を促進してしまうこともあります。

3.アミノ酸シャンプー
天然素材のアミノ酸から作られたシャンプーです。
アミノ酸シャンプーは頭皮と同じ弱酸性で、洗浄力強すぎずません。
頭皮への負担をかけずに洗髪できるのが魅力です。
ヤシ油などを原材料としており、ココイルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタインという成分が配合されています。

薄毛や頭皮トラブルに関する悩みを抱えている方には、ぜひオススメしたいシャンプーです。

動物性原料の経皮毒(けいひどく)を防ぐ?

人間の皮膚は体外の有害物質を体内に入れないためのバリアとしての役割を持っています。
しかし、いくら皮膚でも毎日有害物質と接していると、少しずつ侵入を許してしまうようになるのです。
日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることを「経皮毒」と呼びます。

この経皮毒を考慮したとき、アルコールシャンプーは避けたほうが無難でしょう。
アルコールシャンプーの中には、動物性原料を使用しているものも紛れています。
動物性原料が持っていた菌や体に悪影響を与える成分を、意図せずして吸収してしまっているかもしれないのです。

以上のことを考えたとき、チャップアップで薄毛対策をしているならば、頭皮に1番優しい「アミノ酸シャンプー」がおすすめです。

⑩返金保証書付