チャップアップは「動物性原料」不使用! その魅力とは?

チャップアップは「動物性原料」不使用! その魅力とは?

チャップアップは50種類もの多くの成分が使われています。
それらの成分は全て植物から出来ているとのことです。
なぜチャップアップは植物由来の成分だけを使うのでしょうか。

今回は動物性原料の詳細と弊害についてご紹介します。

動物性原料とはなにか?

チャップアップを始めとした育毛剤、そしてさまざまな薬品や日用品には、多くの原材料が含まれています。
その原材料は、大き分けて「動物性」と「植物性」の2種類があります。

例えば育毛にも効果があると言われている「プラセンタ」という成分には、「動物性プラセンタ」と「植物性プラセンタ」の2種類があります。

そして動物性プラセンタは抽出する動物によって、さらに「ヒトプラセンタ」「馬プラセンタ」「豚プラセンタ」「羊プラセンタ」の4つに分けることだできるのです。
これらの成分は哺乳類の胎盤から抽出され、「植物プラセンタ」の場合は種子の「胎座」と呼ばれる箇所から成分を抽出します。

動物性プラセンタのように、動物の体の中から抽出される成分を「動物性原料」と呼びます。

動物性原材料のリスクとは?

人と同じ動物、こと哺乳類から抽出される成分は、人の体に吸収されやすく効果が現れやすいと言われていて人気です。

しかし、吸収されやすいことが逆にリスクになりやすいとも考えられています。
動物性原料は動物の体内から抽出されるため、その動物の育った環境や健康状態が大きく関係してきます。

成分を動物の体内から抽出する際、動物が感染症などを持っていた場合その菌まで一緒に抽出し、さらに人の体に吸収されてしまうのではと考える人もいるのです。

もちろん抽出の際には細心の注意が払われていますが、それでも注意をするにこしたことはないでしょう。

国も動物性原料を厳しく審査している?

別の動物の成分を人の体の中に吸収させるのは、必ずしも安全とは言えません。
そのため国でも、動物性原料を使う際は厳しく注意するよう指示しています。

厚生労働省は動物性原料の使用にたいして基準を出しており、平成26年には法改正がなされ「生物由来原料基準の一部を改正する件」が告示されました。
この告示の中の6章「第4 動物由来原料総則2 動物細胞組織原料基準」以降には、以前にも増して細かい注意が書かれています。

このように、国が厳しい基準を設けて審査していることからも、動物性原料にはリスクがあることが窺えます。

チャップアップは植物性原料のみ使用!

チャップアップは植物性原料のみ使用!

以上のようなことから、チャップアップはあえて植物性原料のみの使用にこだわっているのでしょう。

さらに、チャップアップに配合されている成分は「センブリエキス」「ノコギリヤシ」「フィーバーヒュー」といった、植物由来の天然成分のなかでも育毛効果が高いものばかりです。

多くの人が安心してチャップアップを購入するのは、こういうわけもあるのです。

②定期購入LP