【薄毛に悩んだら】AGA治療の前に検査をしなければ意味がない

59
男性型脱毛症(AGA)は男性にとって主な薄毛の原因ですので、非常に危険視している方が多く、中には薄毛が気になりだすと速やかにAGA治療を施す方がいらっしゃいます。

しかし、これは効率の良い方法だと言えないでしょう。
AGA治療はしっかりとAGA検査をしないと意味がありません。

今回はAGA治療前に検査を行わないといけない理由をご説明します。

AGAの基礎知識

60
 
AGAとは遺伝的な原因から正しいヘアサイクルが狂わされて、通常のサイクルよりも短期間で毛が抜けてしまう状態のことを指します。

毛母細胞の分裂は生涯で回数が決まっていて、大体が4~50回程度。
AGAになるとヘアサイクルが短縮されるため、毛母細胞の分裂が早まってしまい、分裂回数が若いうちに尽きてしまいます。

そのため、次第に新しい髪が生えなくなり、薄毛になっていくのです。
AGAの方は毛母細胞の分裂回数が尽きないうちに、早めのAGA治療が大切です。

AGA検査の意義

早めのAGA治療を意識しすぎて検査をせずに治療をスタートさせる方がいますが、検査を軽んじてはいけません。

まずは自分が本当にAGAなのかを検査して確認してください。

日本ではAGAに悩む方が1200万人以上いますが、全員がAGAによる薄毛だとは言えません。
生活習慣やストレスによって薄毛を引き起こしている方がいます。
薄毛の原因がAGAと異なる方に、AGA治療を施しても意味がないでしょう。

また、AGAの治療薬として最も効果の高いフィナステリドが有効なのかをAGA検査で確認することができるのも大きなポイントです。

というのも、AGAであっても、約10%の方が体質的にフィナステリドの効果が得られないということが分かって
います。

フィナステリドは高い効果と共に副作用の心配もあるのですが、リスクを背負ってフィナステリドを服用したのにも関わらず、効果が出ない体質では徒労だと言えるでしょう。

本当にAGAなのか、フィナステリドは有効なのかを確認するためにもAGA検査は不可欠です。

フィナステリドが効かない時の対処法

61
AGA検査でAGAではないと判明した場合や、フィナステリドが体質的に受け入れられない方は別の育毛剤に頼るしかありません。

もしも検査の結果、フィナステリドを利用しても無駄だと判明した際には「チャップアップ」の利用がオススメです。

血流低下を防いで脱毛を予防するとともに、血行促進で発毛を促進してくれる育毛剤となります。
使用者の97%が効果を実感。

さらに全額返金保証も完備していて、安心してご利用することが可能ですので、一度お試ししてみてはいかが
でしょうか。
 
④副作用LP