薄毛の二大原因 「男性ホルモン」と「生活習慣」

53
 
薄毛の原因は数多くありますが、その中でも「男性ホルモン」「生活習慣」が大きな影響を与えているようです。

状態の改善を狙うのならば原因を深く知る必要があるので、今回は男性ホルモンや生活習慣がどのように薄毛を
生み出すのか
をご説明します。

そもそも男性ホルモンとは

54
薄毛と男性ホルモンとの関係性をご紹介する前に、「男性ホルモンとはどのようなものなのか」を確認しておきましょう。
男性ホルモンは以下のような働きを持ちます。

ひげ、体毛の成長を促す
タンパク質の合成を促進
筋肉量増大
男性器の発達、性欲
精子形成

また、男性ホルモンの作用によって攻撃的な思考回路が形成されるなど、
男らしさの象徴となる部分の発達に大きく関与しています。

 
男性ホルモンの分泌量が減少すると勃起障害や記憶力・集中力の低下、抑うつ感に繋がります。
十分な量の男性ホルモンは健康的な生活のためにも重要です。

男性ホルモンと薄毛

実は、男性ホルモンが頭皮に直接影響を与えるわけではありません。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが毛髪・皮脂内に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくと、
ジヒドロテストステロン(DHT)が発生します。

このDHTが髪の元となるタンパク質の合成を阻害、皮脂の過剰分泌、毛母細胞の活動低下などを引き起こすため、薄毛に繋がっていくのです。

生活習慣が生み出す薄毛

55
男性ホルモンだけではなく、日々の習慣も薄毛の大きな原因となります。

運動不足ストレスが蓄積しやすい日々を繰り返していると、血行が悪く
なっていく一方
です。

髪を生産するためには、血流を介して栄養素を頭皮に送らなければなりませんが、血行が悪いと血流が滞り、最終的に髪の毛の生産が低下してしまいます。

また、塩辛い食事や肉中心の食事は頭皮の皮脂分泌を活発化させるため、頭皮の毛穴が詰まり、健康的に育毛がなされなくなるでしょう。

チャップアップで薄毛予防

薄毛の原因が必ずしもどちらか1つとは限りません。
男性ホルモンと生活習慣、2つの影響を受けて薄毛になっている場合、どちらか片方だけの対策では薄毛の改善が見込めないでしょう。

原因を選定するのは困難ですから、同時に対策をする必要があります。

最近注目を集めている育毛剤「チャップアップ」ならば包括的に対策することが可能です。

センブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHCと呼ばれる有効成分を主軸に作られているチャップ
アップ。

頭皮の細胞分裂を促進してくれますし、皮脂の過剰分泌や血行促進、抗炎症効果があります。

また、セットで購入することを推奨されているサプリメントでは、5αリダクターゼの抑制効果を持つノコギリヤシエキス亜鉛を配合。
男性ホルモンによる薄毛の改善にも有効だと言えます。

たとえ薄毛の原因が特定できなくても問題なくご使用できますし、高い効果に期待ができる育毛剤なので、ぜひ
お試しください。
 
⑥M字LP