カロヤンプログレEXは本当に効くの? 副作用は?

カロヤンプログレEXは本当に効くの? 副作用は?

第一三共ヘルスケアが展開しているカロヤンシリーズの育毛剤として、カロヤンプログレEX育毛剤が発売されました。
テレビCMも展開し、脂性肌タイプと乾燥肌タイプの2種類がラインナップされ、市販されているため入手性が高いのも大きな特徴です。

この育毛剤、果たして効果のほどはどの程度のものなのでしょうか。
そして、市販品といえばシャンプーなどでたびたび大手ブランドでも髪に良くない成分が配合されていることも多々あります。
そういったデメリット面についても今回は注意深く見ていくことにしましょう。

大解剖カロヤンプログレEX

カロヤンプログレEXの主要な成分を見ることで、育毛剤としての実力を測りましょう。
食品や化粧品などの成分表示は、製品中に含まれる成分量の多い順に記述するルールがあります。

つまり、成分として列挙されている最初のものが製品中の有効成分として最も多く配合されているというわけです。

  • カルプロニウム塩化物水和物……頭皮の血管を拡張し、血流を増やすことで毛母細胞を活性化させる働きがある物質です。
    主に発毛促進の目的で使われますが、副作用が報告されており、寒気や嘔吐、大量の発汗などが起こる可能性があります。
  • ピリドキシン塩酸塩……皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあります。
    しかし副作用があり、光過敏症(いわゆる日光アレルギー)が起こる危険性があるという報告も出ています。
  • ヒノキチオール……殺菌作用によってフケやかゆみを防ぎます。
    副作用がやはりあり、催奇性(成長段階にある生物が奇形になる)が報告されています。

このような強力な効果が期待できる一方で、トレードオフの様に副作用が多いのが特徴といえます。
さらに幾つかの無害な成分がありますが、成分中に清涼感を増すためのエタノールが存在しているのが大きなマイナスポイントになっています。

これは、エタノール(アルコール)には脱脂・脱水作用があるため、頭皮の潤いを奪ってしまうのです。
育毛剤の筈が、かえって薄毛要因を増やしかねない成分を配合しているのには驚きを隠せません。

考えられる効果とデメリット

考えられる効果とデメリット

これらの点から、カロヤンプログレEXが育毛に向いているかいないか。
これを判断したいと思います。入手性については大手ドラッグストア、通信販売などからも手に入る点で非常に良い点といえます。

しかしながら、強力すぎる主要成分にはどれも副作用があり、ここが大きなデメリットポイントになっています。
このような経緯から、すでに何らかの既往症のある方にはオススメできず、また妊娠・出産後の女性にもオススメできません。

このような特質から、複数の育毛剤を併用しているような方の場合。
副作用が複雑化する可能性があります。

市販されている育毛剤は、その入手性の良さからつい併用しがちですが成分面などを考えると、複数を併用するのではなく、一種類の育毛剤を使い切る姿勢が大切なようです。

④副作用LP