メリットだけ?Rebirthリキッドの効果と副作用とは

メリットだけ?Rebirthリキッドの効果と副作用とは

近頃、新たな育毛ソリューションとして、AGAスキンクリニックが育毛メソセラピーと共に患者さんに処方している育毛剤が「Rebirthリキッド」と呼ばれる育毛剤です。

さらに、このドクターサポートRebirthシリーズは、三種類の内服薬が含まれており、メソセラピー施術も加えると、施術体験者のうち、90%以上の発毛が認められたとのこと。

医師の診察や施術の元で、続けられる新しい育毛剤としてのRebirthリキッド・タブレットですが、その安全性は万全なのでしょうか?
今回は、Rebirthリキッドの効果と副作用をご紹介していきます。

市販薬より多いミノキシジルを配合している

このRebirthリキッドは、ミノキシジル、D-パンテノールが含まれる外用育毛剤になります。
ミノキシジルを含む育毛剤としては大正製薬のリアップシリーズがありますが、Rebirthリキッドは、ミノキシジル含有率が6.5%と市販薬より高いのが特徴です。

また、D-パンテノールは体内でビタミンに変わる「プロビタミン」と呼ばれるもので、ほとんど無害なのに対し、新陳代謝の活性化や保湿、毛母細胞への働きかけを行うなど、まさに攻めのミノキシジルに、補助のD-パンテノールといった具合になっています。

ミノキシジル濃度が高いことは大きなリスク?

ここまでRebirthリキッドの優位点を簡単に解説してきました。
製品としての大きな特徴としては、ミノキシジル含有率が6.5%と非常に高いこと。
D-パンテノールがミノキシジルをサポートするような配合になっている点について触れてきました。

確かに発毛や育毛効果は、高いと言えるでしょう。
しかし、薬剤の濃度を上げるということは、潜在的な副作用発生率もまた高いということにほかなりません。

元々、このミノキシジルという薬は、高血圧を患っている方の血圧を下げる「降圧剤」として開発が進められていたものでした。
臨床試験の過程で、体毛が濃くなるあるいは発毛がみられるという「副作用」が発見され、今日育毛剤として用いられているのです。

仮に現在高血圧関連の薬を服用している人が、このプログラムを受けた場合、最悪急激な低血圧を引き起こし、ショック状態に陥る可能性があります。
そういった点で、Rebirthリキッドは強力な作用と副作用を持つことになります。

D-パンテノールと血友病の組み合わせは危険

D-パンテノールと血友病の組み合わせは危険
多くの場合まったく体に無害なD-パンテノールも血友病を患っている患者さんにとっては脅威になります。
何らかの形で頭皮に外傷ができてしまった場合、D-パンテノールの作用が仇となり、出血が止まらないなどのリスクをはらんでいるのです。

医師の指導の下でも油断は禁物

AGAスキンクリニックでは、育毛メソセラピーに合わせてRebirthリキッド・タブレットを処方しているようです。
しかし、健康保険適応外のこれらの施術は、医療相談だけでもかなりの点数が付けられ窓口負担額が高額になりがちです。

そのため、不明な点があっても医師に相談せずにRebirthリキッドをはじめとする「作用も副作用も強い薬」を自己判断で使用しすぎたりする潜在的なリスクが存在します。
緻密に組まれた治療プログラムは魅力的ではありますが、一歩間違えれば甚大な副作用と戦わなくてはなりません。

そんな副作用のある育毛剤ではなく、体に悪影響を与えず育毛効果を発揮してくれる育毛剤があるのです。それが「チャップアップ」。

チャップアップはYahoo!ショッピングでも1位を獲得した実績のある確かな育毛剤です。
気になった方は試してみてはいかがでしょうか。

⑧全額返金LP