「皮脂が多いことで薄毛になる」は大きな誤解だと判明

40
永らく、皮脂こそが薄毛の主な原因だと勘違いされていましたが、実際の
ところ皮脂を原因として薄毛になる可能性は低いことが分かっています。

髪が薄くなってくると「髪が脂だらけなのがいけないんだ!」 とシャンプーの回数を増やす方がいますが、もしかすると逆効果かもしれません。

今回は薄毛と皮脂の関係性をご説明します。

過度な洗髪は逆効果

41
たしかに、頭皮環境のことを考えると、皮脂の過剰分泌は決して清潔とは言えません。
皮脂が多くなると皮脂詰まりが起き、炎症になりやすいので日々のシャンプーは必要です。
脂漏性皮膚炎の原因ともなりますし、これがきっかけで脱毛が起きる可能性もあります。

しかし、皮脂と薄毛に特別な関係性はありません。
頭皮の皮脂さえ除去すれば髪が生えるわけではないのです。

むしろ適度な皮脂は、頭皮を保護するバリア機能を持っていて、過度な洗髪や洗浄力の強すぎるシャンプーを使用することでバリア機能が失われ、炎症・フケの原因になりかねません。

また、頭皮の皮脂が不足すると、体がそれを補おうとさらに多量の皮脂を生み出しますので、頭皮環境を悪化させることにも繋がります。

薄毛になる人は皮脂が多い

42
 
たとえ頭皮が皮脂だらけでも、確実に薄毛となるわけではありません。

しかし、薄毛の方ほど頭皮が脂だらけであるケースが多いのも事実です。
実は、薄毛になる人は皮脂が多いようになっています。

薄毛は男性ホルモン・テストステロンが酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで起きます。
このDHTは薄毛を促進させるのですが、皮脂を多量に分泌させる作用を持ち合わせているのです。

薄毛になりやすい体質の方は、脂でギトギトになりやすいと言い換えることができます。

 
この事が誤解を生み、皮脂=薄毛の原因となっていますが、ある程度清潔を保てていれば全く問題ないでしょう。

薄毛だからと言って、皮脂にばかり意識を向けても改善は困難です。
シャンプーを変えても髪が生えてくるわけではないので注意して下さい。

育毛には「チャップアップ」の使用がオススメです。
育毛に有効な成分「センブリエキス」「グリチルリチン酸」「ジフェンヒドラミンHC」を配合しています。

頭皮の血行促進・血流改善によって、発毛を促進し、脱毛を予防。
利用者の97%が効果に満足しているとのこと。
育毛を考えているのならば一度チャップアップのご利用をお試しください。
 
⑥M字LP