食事で予防! 和食を食べると薄毛になりにくいって本当?

22
薄毛の原因は遺伝というイメージがあるかもしれませんが、それよりもっと大きな要因は毎日の食事。

どのような食生活かによって、薄毛になる可能性が変わってくるのです。
そして現在、日本では薄毛に悩んでいる人がすでに1000万人を超えています。

そんな方々に朗報です。
実は和食は薄毛になりにくい食事だということがわかりました。

食の欧米化と薄毛

23
昔に比べて薄毛の人が増えている傾向があり、その最大の要因は食生活が欧米化してきたことも要因として考えられるでしょう。

具体的には、ジャンクフードに代表されるようなコレステロールが多い食事が増えてきたことです。

コレステロールを多く含んだものを摂取し続けているとトリグリセリド、
ジグリセリド、モノグリセリドなどの中性脂肪が増加し、それが皮脂へと変化していきます。

皮脂の量が増えると毛穴や頭皮を覆ってしまい、皮脂が空気に触れると酸化します。
それがやがて抜け毛を引き起こしてしまい、薄毛になってしまうという悪循環を招いてしまいます。

つまり簡単に言ってしまうと、コレステロール値の多い洋食を中心とした食生活を送っていると、薄毛になる確率も
高まってしまう
ということです。

和食は薄毛になりにくい?

24
正確に言うと、和食全てが薄毛になりにくいというわけではありません。
から揚げや天ぷら、コロッケなど日本食でも、脂質の多いものも存在します。

しかし洋食に比べ、和食の方が薄毛になりにくい食事が多い
いえるでしょう。

特に薄毛になりにくい和食の代表的なものといえば、魚を使った料理です。
刺身やお寿司、焼き魚など魚を使った料理には、動脈硬化を防ぐ抗酸化作用やコレステロールを分解させるタウリンが多く含まれています。

そして魚に含まれる油は脂肪酸の一種ですが、脂肪酸の中でも不飽和脂肪酸に該当するため、血液中で脂質が固まって
しまうということがありません。

それに対し、洋食でよく使われるバターやラードなどは動物性の油なので、血液内で固まりやすい飽和脂肪酸です。
このような要因があり、血液をサラサラにする力は和食のほうが強いと言えます。

洋食の場合は、食材にそれほどコレステロールが高いものが含まれていなくても、調理するときに油やラードバターなど飽和脂肪酸となるものを使うことが多いので、どうしても血液をドロドロにしてしまいかねないものが多いと言えます。

和食の場合は煮込む・蒸らすといった調理法が多いので、食材以外の面でも薄毛になりにくい要素があると言える
でしょう。

食生活改善だけでは不十分

しかし、食生活を和食中心にしたからといって、完全に薄毛を予防・改善できるわけではありません。
薄毛の原因は皮脂や血流だけで決まらないからです。

もし食生活を見直しても一向に変動が見られない場合は「チャップアップ」を利用してみてはいかがでしょうか。

センブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHCと、育毛有効成分を3つ配合しているため、脱毛予防・発毛促進に効果が期待できます。

全32種類の成分を配合しているのですが、無添加無香料のものしか使用していないので、頭皮に悪影響を及ぼしません。
副作用が無く、安心・安全な育毛剤ですので、和食中心の生活と合わせて使用してみてはいかがでしょうか。
 
④副作用LP