肥満だと薄毛になってしまう確率が高い?

19
 
実は、肥満体型の方は薄毛になりやすいという報告があります。

太っていて、髪が薄いとなると非常につらい気持ちになってしまいますが、
どうやら意外と信憑性の高い説であることも確かです。

今回はなぜ肥満だと薄毛になりやすいのかをご説明します。

 

血液循環と皮脂分泌量

肥満体型と薄毛の間には、ある共通点が存在しています。
それは血液循環が悪いことと、皮脂の分泌量が多いということです。

「血液の循環」と肥満・薄毛の関係性

20
 
血液循環が悪いと、毛細血管への血液の流れも当然悪くなってしまいます。

毛細血管と毛乳頭は繋がっているので、毛細血管に栄養がしっかりと送られていない状態が続くと髪の毛も次第に減っていき、薄毛が進行してしまう状態を呼び起こしてしまうかもしれません。

血液循環が悪い原因はコレステロール値が高いこと。

普段の食生活でコレステロールの高い食事ばかり取っていると、血液中のコレステロール値が高まってしまい、血液の中に含まれる栄養素の循環がうまく行われなくなってしまいます。

「皮脂分泌量」と肥満・薄毛の関係性

皮脂の分泌が増えてしまう原因は中性脂肪の過多。

特に動物性脂肪の食材は皮脂腺に刺激を与え、皮脂の分泌が増える傾向にあります。
例えば、生クリームや脂身の多いステーキ、スペアリブなどはその象徴ともいえる食材です。

こういったものが好きな方は、どうしても中性脂肪を多く取りすぎる傾向がありますし、コレステロール値にも大きな
影響を与えます。

コレステロール値が高まると前述のように血液の循環が悪化し、薄毛につながってしまうのです。

薄毛の要因と対策について

単純に体重があって、太っている人みんなが薄毛になってしまうというわけではなく、コレステロール値が高く、
血液ドロドロの人が薄毛になりやすい
ということがわかります。

今後の食生活で意識したいことはコレステロール値をできるだけ下げるために中性脂肪が多い食材をできるだけ
控えること。

具体的には、生クリームやチョコレートケーキ、脂身の多い肉、揚げ物などはできるだけ控えたいところですね。

しかしどうしても普段の生活の中で、すぐには減らすことができないという方はコレステロール値を分解してくれる
作用を含んだ食事
も一緒に考えましょう。

コレステロールを分解してくれるものといえばレシチン、タウリン、ビタミンC 、DHA、ポリフェノールなどが
挙げられます。
コレステロールを分解する作用や動脈硬化を防ぐ作用に期待できます。

21
 
具体的な食材としては、マグロやホタテなどの魚介類、イチゴやレモン、
キュウイフルーツなどの果物類、その他には、大豆やブルーベリー、
緑黄色野菜
などがおすすめです。

コレステロール値を上げない食生活を意識的に出来るようになれば薄毛になってしまったり、太ってしまう確率も低くなるといえます。

しかし、これだけでは薄毛の予防や改善には不十分。
生活習慣を見直すとともに、頭皮ケアにも時間をかけてあげてください。

薄毛の場合、原因が特定できないこともあるため、多角的にアプローチすることをオススメします。

育毛剤ならば天然由来の成分を利用した「チャップアップ」がオススメです。
育毛に有効な成分を含み、血流低下と脱毛を予防してくれます。

また、血行促進によって発毛を促し、頭皮の痒みを抑えてくれるという一級品の育毛剤です。
天然由来の成分ですから副作用の心配もなく、人体に安全な点もこちらをオススメするポイントになります。
効果を実感できない場合に限り全額返金保証もあるので、一度試してみてはいかがでしょうか。
 
③ライト層購入LP