【CMが招く誤解】 スカルプDは育毛効果が全くない!

05
薄毛を気にしている方にとって薬用スカルプシャンプー「スカルプD」のCMは非常に魅力的に映ることでしょう。
あのCMを見ると「スカルプDなら薄毛が改善できるはず!」と誤解してしまうかもしれません。

しかし、実際にはスカルプDに育毛効果はないので注意して下さい。

誤解の要因

スカルプDのCMでは薄毛に悩んでいた芸人さんを多く起用しています。

確かに目に見えて髪がフサフサになっているので、CMを見ると期待したくなる気持ちも分かるのですが、スカルプDの目的は「頭皮の洗浄」で、育毛効果についての言及はありません。

事実、スカルプDのサイトでも育毛効果があるという記述は一切ないです。

頭皮環境を整える

06
頭皮をスッキリさせてくれるという点においては、確かにスカルプDに魅力があります。

頭皮環境を整えることは育毛の第一段階。
頭皮の過剰な皮脂は皮脂詰まりを起こし、炎症の原因ですので、清潔を
心掛ける必要があります。

しかし、だからといって育毛効果を含むとは言えません。

そもそも、シャンプーでは育毛がなされることがないのです。
あくまで洗浄剤としてお考えください。

スカルプDは洗浄剤として有効かもしれませんが、多くの方はスカルプDを
育毛剤だと誤解しています。

育毛効果が無いのですから、効果を実感できないのは当然だと
言えるでしょう。

薄毛の原因と有効な育毛剤

07
育毛を考えるならば、薄毛の原因を定めることが第一です。
薄毛のパターンは大きく3つのパターンに分けることができます。

遺伝によるもの(男性ホルモンの問題、AGA)
不衛生(フケ・かゆみなどの頭皮環境の問題)
ストレス

スカルプDを利用して薄毛の改善が見込めるとすれば、不衛生による薄毛のみ。

しかし、不衛生で薄毛になるケースは他の2つと比較すると非常に少ないです。
特にAGAに悩む男性は多くいて、薄毛の大半がAGAによるものだと考えられています。

そのため、AGAの改善に高い効果を持つ「プロペシア」が人気です。
薄毛の原因となるのが体内の5αリダクターゼと呼ばれる酵素。

この5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンに作用し、脱毛の直接的な原因となるジヒドロテストステロンという物質を生み出します。

ジヒドロテストステロンを発生させないためには5αリダクターゼの抑制が不可欠。
プロペシアは5αリダクターゼの働きを阻害する効果を持つため、薄毛に有効となります。

しかし、プロペシアは副作用にも注意しなければなりません。
女体化やEDなどが最たる例。
また、肝機能障害を引き起こす恐れがありますし、肝臓に不安がある方は使用できません。

もっと安心して育毛するためにはプロペシアではなく「チャップアップ」がオススメです。
 
⑤シャンプーLP
 
 
 
 
 
 
厚生労働省に認可されている育毛剤で、効果はもちろん、安全性の面においても非常に優秀な育毛剤となります。
体に害を与える成分を使っていないので、副作用の不安もありません。

育毛を始めるならば、シャンプーに効果を期待せず、育毛剤を使用して下さい。